ここから本文です

HYOSUNG、障害者の医療リハビリに8000万ウォンを支援

WoW!Korea 6月28日(火)15時4分配信

韓国HYOSUNGは去る27日、ソウルの子供リハビリ病院でプルメ財団に低所得層の障害児・青少年医療リハビリおよび家族支援基金8000万ウォン(約700万円)を伝達したと28日、明らかにした。

 支援金は障害児や青少年が適切な時期に集中的にリハビリ治療を受けることができるように使われる予定だ。

 特に障害児が本人の治療費だけでなく障害のない兄弟(姉妹)の心理治療や教育費、HYOSUNG職員の家族との同伴家族旅行、小さな音楽会など1年間行われるリハビリ治療支援事業全般に活用される。

最終更新:6月28日(火)15時4分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。