ここから本文です

韓国・ソウル 昨年の国際会議開催数が世界3位

聯合ニュース 6月28日(火)17時58分配信

【ソウル聯合ニュース】国際団体連合(UIA)が発表した2015年の国際会議に関する統計によると、昨年韓国・ソウル市では494回の国際会議が開催され、世界で3番目に多かったことが分かった。ソウル市が28日伝えた。

 前年より順位は2段階上がり、過去最高を記録した。ソウル市が設定していた「2018年までに世界3位のMICE(国際会議、報奨旅行、展示会などの総称)都市になる」という目標も前倒しで実現したことになる。

 1位は736回開催されたシンガポール、2位はベルギー・ブリュッセル(665回)だった。ソウルに続き4位はフランス・パリ(362回)、5位はオーストリア・ウィーン(308回)だった。 

 韓国の都市では釜山が11位(150回)、済州が19位(112回)だった。国ごとの順位で韓国は2位(891回)だった。

 昨年は中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大があり、その影響を懸念したソウル市は「MERS以後のMICE活性化対策」を用意。昨年7月から海外マーケティングなどの支援を強化した。その結果、昨年下半期の開催回数は295回となり、前年同期の113回から2倍以上に増加した。

 ソウル市観光体育局の金意承(キム・ウィスン)局長は「雇用創出の効果が大きいMICEの誘致を拡大し、ソウル市を世界最高のMICE都市にするよう努力する」と話した。

最終更新:6月28日(火)17時58分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。