ここから本文です

厚切りジェイソン、英国EU離脱でも「儲かる投資」を解説…本業はIT役員

デイリースポーツ 6月28日(火)18時22分配信

 IT企業役員の本業を持つ、米国出身のお笑い芸人・厚切りジェイソン(30)が、27日に開設したブログで、英国のEU離脱に伴う世界的な経済危機が不安視される中、「儲かる投資方針」を解説した。

 ジェイソンは昼間は芸人活動、米国が昼時間を迎える日本時間の深夜から本業のIT企業の業務に携わっている。英国の国民投票でEU「離脱」が多数となった直後にはツイッターで持ちネタをもじり「WHY イギリス PEOPLE!」とツイートしていた。

 その後、27日に開設したブログで「正しい投資のし方(UKがEUから離脱しても)」と題した文面を投稿した。

 ジェイソンは「確かにデイトレードで儲かる人はいますが、損する人はもっといると思います。ただのギャンブルに近いので、僕はやっていないし、お勧めしません。僕の思う儲かる投資方針を教えます。」とし「長期的に、定期的に、多様な業界と多様な地域に投資すると、長い目で見たら必ず儲かります。」と具体的な数値データや折れ線グラフを用いて解説した。

 「焦らず長期的に持ちながら、定期的に多様化したファンドに投資するといずれは儲かります。今回UKがEUから離脱しましたが、同じパターンになるでしょう。」と指摘した。

最終更新:6月28日(火)18時34分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。