ここから本文です

Anki、“心を持つ”愛玩用AIロボット「Cozmo」を180ドルで発売へ

ITmedia ニュース 6月28日(火)15時41分配信

 米Ankiは6月27日(現地時間)、“大きな脳と、さらに大きなパーソナリティを持つ”AI(人工知能)搭載ロボット「Cozmo」を発表した。愛玩用で、10月に米国で179.99ドルで発売する。

液晶の2つの四角いライトで様々な感情を表現する

 Ankiは2013年のWWDCでロボティクスとAI技術を採用したカーレースゲーム「Anki Drive」を披露して注目を集めた新興企業だ。

 Cozmoは「遊ぶために生まれてきた。チャーミングで、ちょっと気まぐれで、やんちゃなロボット。彼はあなたを認識し、覚える。あなたと交流し、一緒にゲームをプレイし、付き合いながらあなたを理解していく」とAnkiは紹介する。

 手のひらに載るサイズで、キャタピラ式の車輪がついており、“顔”は液晶に青いライトで表情を作る。ものをつかむことはできないが、ものを押すことはできる。また、前転もできる。

 開発したのは博士号を持つロボット研究者、世界レベルのアニメーター(顔の表情を担当)、一流のゲーム開発者のチームで、デザインしたのは映画「バットマン」のバットモバイルのリードデザイナーという。Cozmoの“脳”の1秒当たりのデータ解析能力は、現行の「Mars Rover」全車を合わせたよりも高いとしている。

 Cozmoは常に周囲をスキャンしており、人間を検知すると認識し、反応する。知っている顔を認知すると目を輝かせ、しばらく遊んであげないと遊んでくれとせがみ、叩くと不機嫌になる。紹介動画では、充電台の上でいびきをかくシーンもある。

 操作するにはiOSあるいはAndroid端末が必要だ。

 今のところ米国外に販売する予定はないとしている。

最終更新:6月28日(火)15時41分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]