ここから本文です

U23日本、最後のアピールの場、手倉森監督「パワーをリオに運びたい」

デイリースポーツ 6月28日(火)20時11分配信

 「国際親善試合、U-23日本代表-U-23南アフリカ代表」(29日、松本平広域公園総合球技場)

 リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子のU-23(23歳以下)日本代表は28日、公式練習を試合会場で行った。

 練習に先立って行われた公式会見に出席した手倉森誠監督は「リオに向けて、国内最後の強化試合。まずは五輪で躍進できる可能性を示せれば」と語った。

 五輪本大会に臨む18人の代表メンバーは、7月1日に発表される予定で、南アフリカ戦は選手たちにとっては最後のアピールの場となる。「(負傷からの)回復組の回復状況も確認したいし、メンバーの組み合わせも、誰が誰と組んでも力が落ちないことを示してほしい。(本大会ではオーバーエージ3人が含まれるため)U-23だけで試合をするのはこの試合が最後。良い試合をして、U-23のパワーをリオに運んでいけるようにしたい」と意気込みを語った。

最終更新:6月28日(火)20時14分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]