ここから本文です

アデル、グラストンベリーでBBCから警告

BARKS 6月29日(水)12時9分配信

土曜日(6月25日)、グラストンベリー・フェスティバル2日目でヘッドラインを飾ったアデルは、ステージに上がる前、パフォーマンスを中継するBBCからFワードやSワードを使わないようくぎを刺されたそうだ。

◆アデル画像

アデルは、オーディンエンスにこう話したという。「私って、どれくらいロックンロールなのか知ってる? そうでもないわよね。でも、ステージに上がる前、BBCは下品な言葉遣いについて私に注意しなきゃいけなかったのよ。ミューズ(初日のヘッドライナー)はそんなこと言われなかったでしょうね」

にもかかわらず、『Daily Mail』紙によると、彼女はオープニングから「You are f**king amazing!」とシャウト。結局、90分間のパフォーマンスで33回もそれらの言葉を口にしたそうだ。

同じ日、カリブ海のセントクリストファー島で開かれたフェスティバルでパフォーマンスした50セントは、同地で禁じられている「Motherf******」とシャウトし、逮捕された。

Ako Suzuki

最終更新:6月29日(水)12時9分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。