ここから本文です

フィフス・ハーモニー、「ミュージックステーション」に初出演

BARKS 6月29日(水)12時12分配信

フィフス・ハーモニーが、7月8日(金)夜8時「ミュージックステーション」に初出演することが決定した。

◆フィフス・ハーモニー画像

ツアーやプロモーションで世界中を飛び回る彼女たちは「あまりにも忙しくて、今日が何月何日なのか、何曜日なのか、覚えていられないのよ(笑)」と多忙を極めているようで、6月26日からスタートした南米ツアーの最終日にあたるサンパウロ公演を7月6日(日本時間)に終えた足でそのまま日本に向かい、7月9日には日本を後にするというまさに弾丸来日になるようだ。日本滞在は約52時間だが、滞在中は最新アルバムのプロモーションとしてメディア取材を受けるほか、7月9日(土)には日本で初開催となる本人参加のファン・イベント「フィフス・ハーモニー 初来日記念・超プレミアム・イベント」を行う。

初来日を楽しみにしているメンバー5人は、「買い物」「お寿司」に興味を示し、カミラは「日本に行ったらロボットが見たい!日本はテクノロジーがどこよりも進んでいるから、写真や動画から未来的な世界だと思っている。伝統的な部分と未来的な部分の対比が楽しみよ」と、初来日を待ちきれない様子だ。

圧倒的な歌唱力とパワフルなダンスで世界を席巻しているフィフス・ハーモニーは、人気オーディション番組『Xファクター』のUS版から誕生した平均年齢20歳の米出身5人組ガールズ・グループだ。テイラー・スウィフトやアリアナ・グランデ、マライア・キャリーといった歌姫たちもその歌唱力を絶賛しており、シングル「ワース・イット feat.キッド・インク」のミュージック・ビデオは9億再生を超え、VEVOの世界チャート1位を獲得している。

2016年5月27日に世界同時発売されたセカンド・アルバム『7/27(セブン・トゥエンティー・セブン)』は全米アルバム・チャート4位、日本を含む世界55カ国のiTunesチャートで1位、世界82カ国でトップ5入りを果たし、シングル「ワーク・フロム・ホーム featタイ・ダラー・サイン」は、全米シングル・チャートで最高4位を記録、ガールズ・グループとして10年ぶりの全米シングル・チャートトップ10入りを果たしている。同MVも5億再生を突破しており、シングル・アルバムいずれも世界中で大ヒットを続けている。

米ビルボード誌では「2015年最も活躍した女性グループ」に選出され、<ピープル・チョイス・アワード>では今年の最も人気のあるグループに贈られる「フェイバリット・グループ」を受賞、2016年<キッズ・チョイス・アワード>でも見事「フェイバリット・ミュージック・グループ」に選出され世界中の“熱いファン=ハーモナイザー”から大きな支持を受けている。

セカンド・アルバム『7/27(セブン・トゥエンティー・セブン)』
2016年5月27日発売
国内盤CD SICP-4775 期間限定スペシャル価格 2,000円+税
ボーナス・トラック4曲数録
・ジャパン・デラックス・エディション:
https://itunes.apple.com/jp/album/id1116892160?at=10l3PY
・スタンダード:
https://itunes.apple.com/jp/album/id1087454720?at=10l3PY
・デラックス:
https://itunes.apple.com/jp/album/id1087445205?at=10l3PY

デビュー・アルバム『リフレクション(ジャパン・デラックス・エディション)』
2016年1月27日発売
SICP-4748 2,200円+税
ボーナス・トラック8曲 計22曲収録
日本オリジナル・ジャケット写真
https://itunes.apple.com/jp/album/reflection/id1070105537?app=itunes&ls=1 

最終更新:6月29日(水)12時12分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。