ここから本文です

加山雄三、ヨットフェスの名誉委員長に就任し<若大将カップ>を開催

BARKS 6月28日(火)22時3分配信

加山雄三が史上最大級のヨットフェスティバル<ENJOY 海 KANAGAWA>の名誉委員長に就任し、10月9日には愛称を冠したヨットレース<若大将カップ>が開催されることとなった。

◆関連画像

この「若大将カップ」の表彰式後には加山雄三のスペシャルコンサートも行われるという。

加山雄三は名誉委員長に就任に際し、「海というのは大自然、世界に通じる素晴らしいもの!」と述べ、このフェスを通して若者へ海の良さを伝えられることを喜んだ。

なお、7月18日の海の日にはアルバムレコードが復刻発売されることも決定している。復刻発売されるのは50年前に発売された『加山雄三のすべて~ランチャーズとともに』と『恋の紅いバラ~加山雄三アルバム』の2枚となっている。

リリース情報

『加山雄三のすべて~ランチャーズとともに』
JOFD-1001 4,000円+税
2016年7月18日発売

『恋は紅いバラ~加山雄三アルバム』
JOFD-1002 4,000円+税
2016年7月18日発売

MINI ALBUM 『I Simple Say』
MUCD-1324 2,315円+税
2015年7月22日発売 

最終更新:6月28日(火)22時3分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。