ここから本文です

ブラック・サバス「ラスト・ツアー、延長することはない」

BARKS 6月29日(水)12時15分配信

ブラック・サバスは、2017年初めに<The End>ツアーの最後となるUK公演を行なうことを発表したが、残念ながら、それ以上ツアーを延長することはないそうだ。2016年1月に始まったブラック・サバス最後のツアーは、2017年2月、故郷バーミンガムで終了することとなる。

◆ブラック・サバス画像

オジー・オズボーンは『Billboard』誌のインタビューでこう話した。「トニー・アイオミは80公演やりたがっている。俺ら、80公演やる。十分いいだろ。俺は、もう数公演、ツアーを延長するのは構わない。観られない人がたくさんいるからな。でも、それはないと思うよ」

バンドは現在、ヨーロッパを周っており、8月から北米第2弾、11~12月にかけて南米でパフォーマンスした後、1月からUK・ダブリンで8公演を開く。これで、合計80公演になる予定。

オジーは、いまはまだ、これで終わりとの実感はなく、「あと5公演とかなったとき、(最後だと)感じ始めるのだろう」という。そして、「リタイアしたがっているのは俺じゃない。ブラック・サバスだ。俺は自分の音楽を続けていく」と話した。

ブラック・サバスの<The End>ツアーは2017年2月4日が最終公演となる予定。

Ako Suzuki

最終更新:6月29日(水)12時15分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。