ここから本文です

ミス・ムンド・ブラジル2016はゴイアス州出身の26歳

MEGABRASIL 6月28日(火)7時31分配信

「ミス・ワールド2016」にブラジル代表として出場へ

6月25日(土)、前日の24日(金)に発表された「ミスターブラジル」に続き、ブラジルの主要なミスコンテストの1つ、ミス・ムンド・ブラジル(Miss Mundo Brasil)の今年の勝者が決定した。

グローボ系列テレビ局RBSTV(サンタ・カタリーナ州)が6月26日(日)づけで伝えたところによると、同州フロリアノーポリス市のリゾートホテル、ジュレレー・インターナショナルでミス・ムンド・ブラジルの勝者が発表されたという。

最終選考の候補者40人から選ばれたのは、ゴイアス州出身のベアトリシ・フォントウラさん(26)。ベアトリシさんは12月20日にアメリカ合衆国ワシントンDCで行われる「ミス・ワールド2016」にブラジル代表として出場することになる。

彼女はとある系列の大学で学ぶための奨学金を得るとともに、ハンセン氏病撲滅のためブラジルで活動を行う非営利団体モーランで働くことも決まっている。

ベアトリシさんに続いて入賞したのは下記の4人。

2位 マット・グロッソ・ド・スウ州代表、ヘナータ・セナさん
3位 エスピリットサント州代表、ステファニー・ピンさん
4位 リオ・グランヂ・ド・スウ州代表、サーメン・ドス・サントスさん
5位 サンタ・カタリーナ州代表、フランシエリー・オウリッキスさん

(文/余田庸子)

最終更新:6月28日(火)7時31分

MEGABRASIL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。