ここから本文です

20代女性になりすまし700万詐取 本当は45歳、LINEで男性らだます 容疑で福井の無職女逮捕

千葉日報オンライン 6/28(火) 6:23配信

 20代の女性になりすましネット上の交際相手の男性とその母親から現金など計約700万円をだまし取ったとして、千葉県警佐倉署は27日までに、詐欺の疑いで福井県の無職の女(45)を逮捕し、千葉地検に送検した。

 逮捕・送検容疑は、無料通信アプリLINE(ライン)などで交際していた無職男性(24)=横浜市=の母親(54)=佐倉市=から現金をだまし取ろうと企て、昨年5月20日から同年7月13日までの間、ラインを使い架空の交際女性とその伯母になりすまし、男性の生活費を立て替えて送金したといううそのメッセージを母親に送り、女名義の口座に11回にわたり現金計約600万円を送金させてだまし取った。同年5月11日、男性に「マンション契約にクレジットカードが必要だから預からせて」などとうそを言い、男性からクレジットカード1枚を受け取り、キャッシングで現金50万円を引き出したりカードで航空券などを購入するなどして計約100万円をだまし取った疑い。

 同署によると、女は昨年1月ごろ、男性のフェイスブックに20歳と偽って書き込むなどして詐欺目的で近づいた。面識はなく、架空の女性の写真などを送って信じ込ませたり、親子それぞれに「心配掛けたくないから言わないで」などと口止めしていた。女は「生活苦でやった」と容疑を認め、だまし取った金は生活費に充てられていたという。

最終更新:6/28(火) 6:44

千葉日報オンライン