ここから本文です

地域経済けん引し70年 福知山商議所が記念式典

両丹日日新聞 6月28日(火)8時1分配信

 福知山商工会議所(谷村紘一会頭)の創立70周年記念式典が、京都府福知山市篠尾新町のサンプラザ万助で25日に開かれた。関係者、来賓合わせて約180人が出席して、地域経済の発展に努めてきた歴史を振り返り、更なる飛躍を誓った。

 あいさつに立った谷村会頭は、戦後の混乱期、地方の人材不足が深刻化した昭和40年代、オイルショックなどの社会的危機、何度も福知山を襲った水害を乗り越えてきた商議所の先人たちの歩みに敬意を表し、「先人が我々に残してくれたものは『どんな苦難も乗り越える力強さ』だ」と力説。思いを受け継ぎ、各企業の発展と横の連携強化への協力を呼びかけて、次の節目へと意気込んだ。

 来賓の大橋一夫市長は「地域経済をけん引されてきた。お城まつりなど集客イベントも持続的にやっていただき、まちに大きな活力を与え続けておられる」と感謝し、中心市街地活性化、中小企業支援の充実、福知山公立大学の発展への意気込みを語った。

 長年役員を務めるなど活躍した会員の表彰、感謝状贈呈もあった。

両丹日日新聞社

最終更新:6月28日(火)8時1分

両丹日日新聞