ここから本文です

トヨタが新型「C-HR」のインテリアを世界初公開!ついにコンパクトSUVの全貌が明らかに!

オートックワン 6月28日(火)10時47分配信

トヨタは、6月20日~24日にイタリア・ミラノで開催されたメディア向けイベントにて、新型クロスオーバー「トヨタ C-HR」の欧州仕様車のインテリアデザインを披露した。

トヨタ 新型C-HRの全貌を写真でチェック(画像22枚)

3月のジュネーブ国際モーターショーで世界初披露した「トヨタ C-HR」は、個性際立つスタイリングに高い操縦安定性を実現した、独特な存在感を持つ新世代のコンパクトクロスオーバー。

インテリアは「センシュアル-テック(Sensual-Tech)」をコンセプトに、ハイテクかつ高い機能性を、ファッショナブルでかつ大人の色気を感じさせるスタイルに仕上げ、軽やかに広がるキャビンの中に、運転に集中できるドライバーズ空間を実現している。

タッチスクリーンパネルを独立させながら、ダッシュボードを低く設計することで、見通しの良さを確保した。

インストルメントパネルからドアトリムまでなめらかに繋がる、ソフトパッド・ファッション性の高いオーナメント・ピアノブラックパネルをレイヤー状に構成し、シームレスで広がりのある空間を表現。温かく迎え入れるような雰囲気と共に、艶やかな面質と切れのよいラインの心地よい刺激が、乗員を常にリフレッシュさせる。

運転席は、メーターを中心として、ディスプレイオーディオ・操作パネルをドライバー方向に向けコンパクトに配置し、運転中の視認や操作の負担を少なくした、運転に集中できるドライバーズ空間を実現。更にドライバーを囲むような非対称形状のコンソールにより、車両との一体感が感じられるような空間を演出している。

インテリア各部にダイヤ形状を取り入れ、使用性と大人の洒落っ気としてのファッション性を高めつつ、エクステリアとの調和を図っている。

シートは、生地の組み合わせ、張り方にもこだわり、スレンダーかつホールド性の高いスポーティなデザインに仕上げた。

室内色は、ミステリアスな室内空間と先進性を素材と配色の組み合わせで演出しており、3つのグレード毎に、黒を基調とした、リコリスブラウン(濃い茶色)、アナダイズドブルー(発光をイメージしたブルー)、ブラックの3種類が用意されている。

「トヨタ C-HR」は、トヨタの米国・欧州のデザイン拠点とトヨタ自動車のデザイン部が協力してデザインを開発。インテリアデザインのコンセプト「センシュアル-テック(Sensual-Tech)」に基づいて、質感、形状、色など細部にこだわり、新たなデザインへ挑戦してきた。

なお、「トヨタ C-HR」は、欧州地域では2016年9月から事前受注を開始し、2016年末から販売を開始する。また、順次世界各国・各地域での販売を計画している。

最終更新:6月28日(火)10時47分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]