ここから本文です

「私を1位と認めて」「今AKBはピンチ」…AKB48選抜総選挙、今年の名スピーチ

dmenu映画 6月28日(火)22時0分配信

AKB48選抜総選挙といえば、ランクインしたメンバーによるスピーチも大きな見どころのひとつ。6月18日に開票された今年の「第8回AKB48選抜総選挙」でも、印象的なスピーチがいろいろありました。

■HKT48・指原莉乃「私を1位と認めてください」

史上初の連覇を果たした指原は、「私を1位と認めてください」と客席に呼びかけました。その言葉は、自身のファンへの感謝から出たもの。「私の1位は当たり前じゃありません。ファンの皆が無理に無理に無理を重ねての1位」と真摯に語りました。とはいってもバラエティスキルの高さで知られる彼女。自身を「スキャンダル成金」「叩けばホコリしか出ない」とユニークに表現して、きっちり笑いもとりました。

■AKB48・渡辺麻友「正直に言って今AKBはピンチです」

速報1位だったものの、残念ながら指原に敗れ2位。第一声は「いやー!悔しい!」という素直な感想で、「あの壁はすごく高い。誰も超えられない」と指原の力を称賛しました。また、「正直に言って今AKBはピンチです」と主張。「先輩方が卒業して、今のメンバーだけではカバーできない部分もある」と率直に指摘した上で、グループを終わらせないよう皆で頑張ろうと呼びかけました。

■“にゃんにゃん仮面”ことAKB48・小嶋陽菜「やっと卒業します!」

にゃんにゃん仮面は、正体が小嶋陽菜であることをあっさりバラしました。そして「皆さん、『えー!?』という準備はできていますか? 私、小嶋陽菜はAKB48をやっと卒業します!」と発表。「『えー!?』が小さい! たくさんの『えー!?』ありがとうございます!」と笑顔で続けました。卒業時期は未定だそうで、「たかみなみたいな風にはならないようにしたい」と語り、観客はまた一笑い。さすがのトーク術をみせました。

■NMB48・山本彩「皆さんは私にとって“アモーレ”」

平愛梨と長友佑都選手の熱愛報道に引っかけて、話題の言葉“アモーレ”を使ってファンに感謝を述べた山本。ちょっと照れ臭そうに「絶対誰かアモーレって言うやろなって思ったけど、出なかったので言わせていただきました」と続けました。ファンにお返しとして、「関西人らしく必死のパッチ(関西で使われる、“一生懸命”を意味する表現)で頑張っていく」と語っています。

1/2ページ

最終更新:6月28日(火)22時0分

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。