ここから本文です

「もはや奇跡」川栄李奈、SKE48松井珠理奈とドラマ初共演にファン歓喜!2ショット写真も公開。

E-TALENTBANK 6月28日(火)11時30分配信

7月13日(水)深夜24時10分からスタートするテッペン!水ドラ!!『死幣』(水曜深夜24時10分~24時40分)に元AKB48・川栄李奈の出演が決定した。今作では主演・松井珠理奈扮する南由夏の同級生・林絵里菜を演じる。TBSのドラマには『ごめんね青春!』以来約2年ぶりの登場となる。川栄は元AKB48を卒業してから松井とドラマで共演するのは初めて。現役元AKB48グループのメンバーと卒業生がドラマで共演するのは『マジすか学園』に続き2度目。

川栄は昨年8月に元AKB48を卒業してから、現在放送中の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)では実直な仕出し屋の娘を演じ、『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ)では人妻役を演じるなど、女優として演技の幅を広げている。「色々な役を演じたい」と女優としての目標を語る川栄は、いま様々なドラマに出演しそれぞれ違う役を演じていることを素直に嬉しいと話した。

元AKB48に所属していた頃、川栄は松井とあまり接点がなかったそうで意外にも「2人で写真撮影するのは初めて!」と喜んだ。また、卒業してから現役生と仕事をするのはまた違った感慨があるようで、撮影の合間では先日行われた元AKB48選抜総選挙の中で3位だった松井に「おめでとうございます」と声をかけるなど、終始和やかで明るい雰囲気で現場は進行した。

ドラマは、「呪われた一万円札=死幣」を手にした人間が次々と不可解な死を遂げるという、暑い夏を一瞬にして冷やす、この夏、最恐の本格ホラーサスペンス。女子大生・南由夏の友人がある日突然、怪死を遂げる。死体の周りには大量の一万円札、そしてその福沢諭吉の両目にはどれも黒いシミがついていた。その後、由夏の周りの人間に「死幣」の呪いが襲いかかり…。

その中で、川栄はおしゃれと恋愛とスピリチュアルに夢中な明るい女子大生・絵里菜を演じる。ゼミ周辺で起こる変死事件に対して一番恐怖感を抱いている絵里菜は、占いや水晶などスピリチュアルなものに依存してしまう。それが原因で死幣の呪いに巻き込まれ…。川栄はドラマのみどころのひとつとして、「死幣に呪われた人々の死に方に注目」と話す。次々とゼミ生が死んでいく中、川栄演じる絵里菜は果たして?本編に注目が集まる。

そして、この初共演の話題にファンは歓喜。Twitterでは「珠理奈ちゃんと川栄さんが本当に一緒にいる」「珠理奈ちゃんの初主演ドラマに川栄さんが出てくれるなんて、もはや奇跡」「ついに念願のツーショットが見れる日が来るなんて…嬉しすぎて泣いております」「まさかのここで共演とか。ツーショットくるとか」と喜びと驚きのコメントが相次いでいた。

最終更新:6月28日(火)11時30分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。