ここから本文です

ビーナス、キーズ、ストーサーらが2回戦へ [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 6月28日(火)0時25分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の女子シングルス1回戦で、第9シードのマディソン・キーズ(アメリカ)がラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-3 6-1で下して2回戦に駒を進めた。試合時間は1時間3分。

奈良くるみがブレングルを下して3年連続初戦突破 [ウィンブルドン]

 キーズは2回戦で、キルステン・フリプケンス(ベルギー)と対戦する。フリプケンスは1回戦で、ニコール・ギブズ(アメリカ)を6-3 6-1で下しての勝ち上がり。

 そのほかのシード勢の試合では、第8シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)、第14シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)、第20シードのサラ・エラーニ(イタリア)、第29シードのダリア・カサキナ(ロシア)が勝ち上がったが、第23シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)と第25シードのイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)は敗れた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【女子シングルス1回戦 主な試合結果】

○73サラ・エラーニ(イタリア)[20] 6-4 6-4 ●74パトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)

○78キルステン・フリプケンス(ベルギー)6-3 6-1 ●77ニコール・ギブズ(アメリカ)

○80マディソン・キーズ(アメリカ)[9] 6-3 6-1 ●79ラウラ・シグムンド(ドイツ)

○86アンナ レナ・フリードサム(ドイツ)6-4 6-0 ●85ザリナ・ディアス(カザフスタン)

○87エカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)[Q] 6-2 7-5 ●88アナ・イバノビッチ(セルビア)[23]

○90カリナ・ビットヘフト(ドイツ)6-1 6-4 ●89イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)[25]

○91奈良くるみ(日本/安藤証券)6-2 6-7(5) 6-3 ●92マディソン・ブレングル(アメリカ)

○97ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[8] 7-6(3) 6-4 ●98ドナ・ベキッチ(クロアチア)

○100マリア・サカーリ(ギリシャ)[Q] 6-3 6-2 ●99ジェン・サイサイ(中国)

○101ララ・アロアバレーナ(スペイン)6-2 1-6 8-6 ●102オルガ・ゴボルツォバ(ベラルーシ)

○104ダリア・カサキナ(ロシア)[29] 6-0 7-5 ●103ビクトリア・デュバル(アメリカ)

○113サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[14] 7-5 6-3 ●114マグダ・リネッテ(ポーランド)

○115サビーネ・リシツキ(ドイツ)6-1 6-3 ●116シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)

○123サマンサ・クロフォード(アメリカ)7-5 6-3 ●124パウラ・カニア(ポーランド)[Q]

○125ヤナ・セペロバ(スロバキア)[Q] 7-5 7-5 ●126マリアナ・デュケ マリノ(コロンビア)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JUNE 27: Samantha Stosur of Australia celebrates victory during the Ladies Singles first round match against Magda Linette of Poland on day one of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 27th, 2016 in London, England. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

最終更新:6月28日(火)2時28分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]