ここから本文です

参院選の期日前投票 前回に比べて約2倍に/富山

チューリップテレビ 6/28(火) 9:32配信

 来月10日に投票が行われる参議院選挙の期日前投票の中間状況が発表されました。
 期日前投票をした人は、3年前に行われた前回の参議院選挙に比べて2倍以上となっています。
 期日前投票は、来月10日の投票日に投票所に行けない人のためのもので、公示の翌日の今月23日から市町村役場などで始まっています。
 県選挙管理委員会によりますと、26日までの4日間に選挙区の投票を済ませた人は1万8947人で、3年前の参院選の最初の3日間と比べても、1万282人多く、2倍以上となっています。
 今回の参院選は、沖縄戦・戦没者の「慰霊の日」と重ならないよう公示日を1日前倒ししたため、期日前投票の中間状況の集計も、前回より1日多い4日間分となっています。
 県選挙管理委員会では、大幅に増えている理由について、集計の対象となっている期間が1日長いことに加え、選挙権年齢の引き下げによって関心が高まっているためと見ています。

チューリップテレビ

最終更新:6/28(火) 9:32

チューリップテレビ