ここから本文です

29日も九州中心に大雨・猛烈な雨も 土砂災害に厳重警戒

ウェザーマップ 6月28日(火)17時10分配信

 九州は29日にかけて断続的に非常に激しい雨が降り、九州南部では猛烈な雨が降る所がある見込み。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があるため、土砂災害に厳重に警戒するとともに、低地の浸水や河川の増水・氾濫に警戒が必要だ。

 28日午後3時、九州付近から本州南岸に梅雨前線が停滞し、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定となっている。九州南部は明け方から非常に激しい雨が降り、宮崎県えびの市では28日未明からの雨が午後5時までに250ミリ近くに達した。梅雨前線はこれから29日にかけても西日本に停滞するため、九州では断続的に非常に激しい雨が降り、九州南部では猛烈な雨が降るところがある見込み。

引き続き大雨に警戒

<29日夕方までの予想雨量(多い所)>
 九州南部  200ミリ
 九州北部  180ミリ
 四国    100ミリ

 その後、梅雨前線は30日にかけて九州北部に停滞し、活動が活発化する予想だ。九州北部では29日夕方~30日夕方までの24時間に、多い所でさらに100~200ミリの雨が降る見込み。土砂災害に対して、一層の警戒が必要となる。
 激しい雨の際は、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保を心掛けたい。

最終更新:6月28日(火)17時15分

ウェザーマップ