ここから本文です

[速報EURO44]小国がサッカーの母国を食らう! 逆転勝利でアイスランドが準々決勝進出

theWORLD(ザ・ワールド) 6月28日(火)5時59分配信

アイスランドが最後まで耐え抜いた

ラウンド16 イングランド 1-2 アイスランド
2016年6月27日/ニース/現地21時キックオフ

互いにグループリーグを2位通過したイングランドとアイスランドが、決勝トーナメント1回戦で激突した。今大会では、いまだ負け知らずの両チーム。公式戦では初の顔合わせとなっている。

イングランドボールでキックオフされた試合は、開始早々から激しい展開を見せる。4分にスターリングがアイスランドGKからファウルを受け、イングランドがPKを獲得。これを主将のルーニーが落ち着いてゴール左へ流し込み、先制点を挙げた。

このままイングランドが勢いに乗るかと思われたが、直後の6分に失点を喫してしまう。右サイドのロングスローからアウルナソンが頭でつなぐと、最後はR・シグルズソンに右足で合わせられ、アイスランドにゴールネットを揺らされてしまった。

18分、アイスランドがまたしても攻勢に出る。バイタルエリアで細かくパスをつなぐと、ペナルティスポット手前からシグトルソンが右足で狙いすましたシュートを打つ。イングランドGKがシュートに反応してボールに触れたが、ゴールに吸い込まれてしまい、アイスランドが勝ち越しに成功した。

イングランドは圧倒的にボールを支配して幾度となくチャンスを作るが、ゴールを決めきることができず。1点ビハインドで試合を折り返した。

アイスランドが時折、カウンターやセットプレイから反撃に出るが、後半に入ってもイングランドがボールを支配する展開は変わらない。しかし、イングランドは体を張ったアイスランドのDF陣をなかなか攻略できず。バーディなどの交代カードも切るが、ただただ時間だけが過ぎていく。

その後、イングランドはリスクを冒して攻撃に出るが、最後までアイスランドに追いつくことはできずに試合終了。この結果、イングランドに2-1で勝利したアイスランドが準々決勝で開催国のフランスと対戦することとなった。

アイスランドは決死の守備で最後まで耐え抜き、サッカーの母国を倒してみせた。一方のイングランドは、格下相手にまさかの逆転負け。ベスト16で姿を消すことになってしまった。

[イングランド代表]
監督 
ロイ・ホジソン

GK
ジョー・ハート(マンチェスター・シティ)

DF
カイル・ウォーカー(トッテナム)
ギャリー・ケイヒル(チェルシー)
クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
ダニー・ローズ(トッテナム)

MF
デル・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)

FW
ダニエル・スタリッジ(リヴァプール)
ハリー・ケイン(トッテナム)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)

交代出場
46分 ジャック・ウィルシャー(アーセナル)
(OUT エリック・ダイアー)
60分 ジェイミー・バーディ(レスター)
(OUT ラヒーム・スターリング)
87分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
(OUT ウェイン・ルーニー)

[アイスランド代表]
監督 
ラーシュ・ラーゲルベック

GK
ハンネス・ハルドルソン(グリムト/ノルウェー)

DF
ビルキル・サエバルソン(ハンマビー/スウェーデン)
カリ・アウルナソン(マルメ/スウェーデン)
ラグナル・シグルズソン(クラスノダール/ロシア)
アリ・スクーラソン(オーデンセBK/デンマーク)

MF
ヨハン・グズムンドソン(チャールトン/イングランド)
ギルフィ・シグルズソン(スウォンジー/イングランド)
アロン・グンナルソン(カーディフ/イングランド)
ビルキル・ビャルナソン(バーゼル/スイス)

FW
コルベイン・シグトルソン(ナント/フランス)
ヨン・ベズヴァルソン(カイザースラウテルン/ドイツ)

交代出場
76分 エルマル・ビャルナソン(オーフスGF/デンマーク)
(OUT コルベイン・シグトルソン)
89分 アルノル・トラウスタソン(ノルシェーピン/スウェーデン)
(OUT ヨン・ベズヴァルソン)

※所属チームは、2015/16シーズンです。

[得点]
イングランド:ルーニー(4)
アイスランド:R・シグルズソン(6)、シグトルソン(18)

----------------------------------------------------------
theWORLD(ザ・ワールド)は、
コパ・アメリカおよびEURO2016の全83試合を速報します!
参加全40ヵ国を網羅した無料電子マガジンも好評配信中。
http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月28日(火)6時18分

theWORLD(ザ・ワールド)