ここから本文です

尾木ママ、“息子3人東大”の佐藤ママと収録後に和解「気持ちいい本当の握手」

トレンドニュース(GYAO) 6月28日(火)15時18分配信

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が、息子3人を東大に合格させたことで話題の佐藤ママこと佐藤亮子氏と無事和解したことを報告した。

「ゆとり世代はバカ」に尾木ママが猛反論>>

佐藤氏は自身の育児論をメディアで発信しているが、尾木氏は雑誌のコラムなどで、佐藤氏の教育を「偏差値至上主義なんて超時代遅れ」などと批判していた。6月27日放送のTBS系「7時にあいましょう」には両者そろって出演し、意見をぶつけあった。尾木氏はブログ等での個人攻撃については謝罪したものの、「佐藤氏の育児では子供が自分で工夫していく能力がつきにくいのではないか」と危惧する。最後にふたりは握手を交わしたが、どこかギクシャクした雰囲気が残った。

だが、ふたりは収録後に真の和解を果たしていたらしい。尾木氏は6月28日にブログを更新し、「実は収録の後 佐藤ママが地元奈良の名菓を手土産に楽屋に挨拶に来てくれました…!尾木ママの大好きな和菓子気遣いが大変うれしくしばらくそのまま楽屋で本音で語り合いました」と明かした。その中で尾木氏は「佐藤ママの本も出版社の売らんかな戦略にうまく利用され誇張誤解されやすく尾木ママもその影響を受けていたこと思い知らされました!」と気づきを得て、お互い理解し合ったそう。収録とは違い、「気持ちいい本当の握手」が交わせたとつづっている。

尾木氏は「テレビでは伝えきれない話もまだまだたくさんありますが今後はもうあんな対立あおるような場面はないものと思います」と宣言し、佐藤氏に感謝を述べた。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:6月28日(火)15時18分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。