ここから本文です

【動画】東・西日本で雨 九州で大雨警戒(28日18時更新)

ウェザーマップ 6月28日(火)17時55分配信

ウェザーマップ

 29日(水)は東日本と西日本の広い範囲で雨や雷雨となり、九州では再び、大雨のおそれがあります。すでに地盤が緩んでいる所にまとまった雨が降りますので、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

 29日(水)も梅雨前線が停滞し、暖かく湿った空気が流れ込みます。西日本では朝から広い範囲で雨や雷雨となり、九州では非常に激しく降るでしょう。局地的には猛烈な雨が降るおそれがあります。
 そして、雨の範囲は次第に東日本にも広がり、東海では昼前後から、関東でも夕方以降、雨が降り出す見込みです。
 
 29日(水)の夕方までに予想される雨量は多い所で、九州南部で200ミリ、九州北部地方で180ミリ、四国で100ミリ。すでに、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所がありますので、土砂災害に厳重な警戒が必要です。河川の増水や低地の浸水、落雷、突風にも併せて注意が必要です。
 
 日中の気温は火曜日より高い所が多く、東日本と西日本では28℃前後まで上がる予想です。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:6月28日(火)17時55分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。