ここから本文です

新潟の朝採り枝豆を車内販売 上越新幹線にて列車と数量限定で

乗りものニュース 6/28(火) 12:00配信

缶ビールとセットで500円

 JR東日本・新潟支社は2016年6月27日(月)、上越新幹線の一部列車車内において新潟の「朝採り枝豆」を販売すると発表しました。

 JR東日本グループである日本レストランエンタプライズ(NRE)の新潟列車営業支店が、JA全農にいがたの協力のもと実施するもの。7月1日(金)から9月30日(金)までの期間、新潟駅を14時から18時台に出発する新幹線「とき」「Maxとき」東京行き9本などで、その日の朝に採れた枝豆が1日50パック販売されます(天候や収穫状況などにより朝採れでない場合あり)。

 値段は1パック(約100g)単品が300円。新潟限定のビール(350ml缶1本)とのセットが500円です。

 JR東日本は「上越新幹線をご利用の際は、新幹線車内販売にて、新潟の朝採り枝豆をぜひご賞味ください」としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6/28(火) 13:04

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。