ここから本文です

かき氷「雪くま」に新作 熊谷市役所で発表会「暑さ対策の武器に」

埼玉新聞 6月28日(火)10時30分配信

 かき氷の「雪くま」をPRしようと、新作発表会が27日、埼玉県熊谷市役所正面玄関前で開かれた。一足早く新作を味わおうと各店舗のブースは大盛況。雪くまを手にすると、夏を思わせる日差しの下、氷を頬張り、清涼感に浸っていた。

 今年は10店舗程度で新作が登場する。発表会には3品が並び、シノン洋菓子店の「キャラメルショコラ」は手作りのキャラメルシロップにサクサク食感のクッキーをまぶした一品。茶の西田園の「大人な抹茶あずきミルク」はあずきとミルクをベースに別添えの抹茶を用意。和・洋菓子の三河屋の「アングレーズソース」は卵の味を実感できるカスタードクリームにコーヒーパウダーを振り掛けている。

 茶の西田園の店主小林伸光さん(45)は「暑さ対策の一つの武器として、雪くまが観光資源になっていけば。人の気持ちも熱いところを見せ、熊谷を盛り上げたい」と語った。

最終更新:6月28日(火)10時30分

埼玉新聞