ここから本文です

次期改訂で「幼稚園教育要領」はどうなる?

ベネッセ 教育情報サイト 6月28日(火)14時0分配信

学校の授業や教科書のもとになる「学習指導要領」を、2020年代から全面改訂する中央教育審議会での検討が、夏の「審議まとめ」に向けて大詰めを迎えています。幼稚園の場合は「指導要領」ではなく「教育要領」と呼んでいます。保育所の場合は「保育指針」ですが、同じ「幼児期の教育」として、「幼稚園教育要領」の改訂と歩調を合わせて改訂されることになっています。次期改訂で「幼稚園教育要領」がどうなるのか、見ていきましょう。

小学校の「スタートカリキュラム」につなげて

幼児期の教育は、教科を中心とする小学校以上の教育と違って、遊びを中心とした生活を通じて、生涯にわたる人格形成の基礎を培うことが基本です。現行の幼稚園教育要領では「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」という5領域が示されていますが、これらをバラバラに指導するのではなく、さまざまな体験を積み重ねるなかで、お互いを関連させながら、徐々に育むこととしています。

一方で、「小1プロブレム」に代表されるとおり、幼児期の教育と小学校教育との円滑な接続が、大きな課題になっています。さらに次期改訂では、幼小接続にとどまらず、高校卒業までを一貫した学びの過程として、さらには大学や社会などとの接続までをも展望して、「育成すべき資質・能力」を明確にしていこうとしています。

そこで、次期の教育要領では、引き続き5領域を維持しつつも、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」として、以下の事項を示すことになりました。

1. 健康な心と体
2. 自立心
3. 協同性
4. 道徳性・規範意識の芽生え
5. 社会生活との関わり
6. 思考力の芽生え
7. 自然との関わり・生命尊重
8. 数量・図形、文字等への関心・感覚
9. 言葉による伝え合い
10. 豊かな感性と表現

これらの「力」を就学前に十分育んだうえで、小学校の入学直後には、生活科を核とした「スタートカリキュラム」と呼ばれる総合的な授業を行い、各教科の本格的な学びへと円滑につなげようとしています。

1/2ページ

最終更新:6月28日(火)14時0分

ベネッセ 教育情報サイト