ここから本文です

自己嫌悪のクロエ・グレース・モレッツを救ったブルックリン・ベッカムの言葉が素敵すぎる件

ELLE ONLINE 6月28日(火)20時27分配信

雑誌US版『ELLE』のインタビューに答えたクロエ・グレース・モレッツ。「16歳の頃豊胸手術を受けようと考えていたの。それに二重顎も直したかったし、お尻も小さくしたかった」と衝撃の告白! 親に止められて手術は思いとどまったというクロエ。でも自分のルックスを変えたいという気持ちを根本から変えてくれたのは現在交際中のブルックリン・ベッカムだったもよう。「ボーイフレンドが大きな支えになってくれた。いつも男性の支えが必要というわけではないけれど、自己嫌悪に陥っているとき、彼は“インタビューで君が言っていることを見てみるんだ。自分が何を主張しているのか見てごらん。自分の言葉を聞いてみるんだ。君は君が自分で言っている通り、美しいんだから!”って言ってくれた」だそう。

さらにブルックリンは「“女の子たちはみんな自分たちが思っているよりも美しいんだ。それに僕はレッドカーペットにいるときの君よりも、スウェットパンツのときの君の方が好きだよ”って言ってくれた」。

ちなみにブルックリンは現在17歳。このセリフが普通に言えてしまうなんて……男前すぎる!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6月28日(火)20時27分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。