ここから本文です

日鉄住金鋼管、建築土木向け5000円値上げ 7月

日刊産業新聞 6/28(火) 12:26配信

 溶接鋼管メーカー大手の日鉄住金鋼管(本社=東京都千代田区、中西廉平社長)は、建築・土木用の配管および構造用鋼管の販売価格に関して、本年7月出荷分からトン当たり5000円引き上げる方針を固めた。国内の店売りおよびひも付きを対象としている。値上げは約2年半ぶりとなる。

最終更新:6/28(火) 12:26

日刊産業新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革