ここから本文です

小学生の自由研究、人気の「卵」を使ったテーマとは?

ベネッセ 教育情報サイト 6月28日(火)17時0分配信

夏休みの宿題といえば自由研究! そろそろテーマを考え始めたい時期になりました。
夏休みになると、何をやろうか悩んでいる間に休みの残り日数が少なくなってしまったり、予定が詰まっていて自由研究の時間がなかなか取れなかったりということも。
そこで今回は、ベネッセ教育情報サイトの「夏休みの自由研究 解決策特集」コーナーで人気のテーマをひとつご紹介します。

【小学生(3年生~6年生)向き】たまごのカラをとかそう!

殻(から)つきの卵をお酢に入れて、何日か置いておこう。どうなるかな?
※制作日数1週間

◆まとめ方のポイント
とける様子を毎日観察して記録しよう。からのまわりはどうなる? 沈む場所は変わる? 取り出すとどうなったかや、お酢でとける理由も考えてまとめよう。

自由研究はその名のとおり、お子さまが自由な好奇心をもって取り組むことが大切です。お子さまがおもしろがって研究できるテーマを、保護者も一緒に探したり、レポートのまとめ方などフォローしてあげるといいですね。

出典:小学生・中学生の保護者必見! 夏休みの自由研究 解決策特集
http://benesse.jp/jiyukenkyu/

ベネッセ 教育情報サイト

最終更新:6月28日(火)17時14分

ベネッセ 教育情報サイト

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。