ここから本文です

【ブラジル】国内線 需要・供給ともに縮小

サンパウロ新聞 6月28日(火)4時25分配信

 民間航空庁(Anac)17日発表のデータによると、2016年5月の国内線航空旅客需要は15年5月に対して7.8%縮小した。需要の前年同月割れは10カ月連続。16年1~5月の需要は前年同時期に対して6.6%減。また、5月の座席供給数は前年同月比8.2%減、1~5月累計は前年同期比5.7%減。供給の前年同月割れは9カ月連続。伯メディアが同日付で伝えた。

 航空会社各社の今年5月の市場シェアは、ゴル航空(Gol)が36.6%で最大で、ライバルのブラジル・ラタン航空(Latam Airlines Brasil、旧名TAM)は34.5%、格安航空会社のアズール(Azul)とアビアンカ(Avianca)はそれぞれ16.9%、11.2%だった。

サンパウロ新聞

最終更新:6月28日(火)4時25分

サンパウロ新聞