ここから本文です

36歳ビーナスが20歳のベキッチを破り2回戦へ [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 6月28日(火)15時1分配信

 イギリス・ロンドンで行われている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日/グラスコート)で、優勝5回の実績を持つ第8シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が19度目のウィンブルドン1回戦を戦い、ドナ・ベキッチ(クロアチア)を7-6(3) 6-4で倒して2回戦に駒を進めた。

ビーナス、キーズ、ストーサーらが2回戦へ [ウィンブルドン]

 ビーナスが1997年にウィンブルドン・デビューを遂げたとき、ベキッチはまだ1歳だった。

 20歳のベキッチは第1セット6-5から2つのセットポイントを握ったが、そのどちらもミスで棒に振ってしまい、ビーナスがタイブレークでこのセットを取った。

 第2セットのベキッチはブレークして5-3とするチャンスを手にしたが、またもミスで好機を無駄にしてしまった。その後、ビーナスがブレークに成功して5-4とし、次の自分のサービスをキープして試合を締めくくった。

 これはビーナスにとって19度目のウィンブルドンであり、現役では最多記録となる。「第1セットではあるポイントで劣勢に置かれて困難な瞬間もあったけれど、経験がものをいったわ。多くの経験が…」とビーナスは試合後に語った。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JUNE 27: Venus Williams of The United States plays a forehand shot shot during the Ladies Singles first round match against Donna Vekic of Croatia on day one of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 27th, 2016 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6月28日(火)15時1分

THE TENNIS DAILY