ここから本文です

陸上男子100m走1位のケンブリッジ飛鳥が29日巨人戦で始球式

Full-Count 6月28日(火)19時3分配信

リオ五輪で期待の日本代表スプリンター「伝統ある巨人の試合で始球式、大変光栄です」

 巨人は8月のリオ五輪の陸上競技日本代表に選出されたケンブリッジ飛鳥選手が、29日に行われる中日戦(東京ドーム)の試合前に始球式を行うと発表した。

 ケンブリッジはジャマイカ人の父、日本人の母を持つスプリンターで、25日に行われた第100回日本陸上競技選手権大会の男子100メートルで優勝。リオ五輪での活躍が期待されている。ケンブリッジは、ジャイアンツ・オフィシャルパートナー「アンダーアーマー」の日本ライセンシーである、株式会社ドームが運営するドームトラッククラブに所属しているため、白羽の矢が立った。

 ケンブリッジは「伝統あるジャイアンツの試合で始球式の機会をいただき、大変光栄です。今回の日本選手権では皆さんの声援があり優勝することができました。これから世界の舞台で戦うために、しっかりとトレーニングに励みたいと思います。引き続き、応援の程よろしくお願い致します」とコメントしている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月28日(火)19時3分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。