ここから本文です

復帰したU-23代表MF中島 負傷離脱していた時期の思いをポロリ「ケガをしても……」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月28日(火)16時1分配信

焦りはなかった

リオデジャネイロ五輪に出場するU-23日本代表は29日、松本平広域公園球技場にて行われるキリンチャレンジカップ2016 でU-23南アフリカ代表と対戦する。

南アフリカ戦に向け長野県内で練習するチームには、負傷から回復したFC東京のFW中島翔哉も参加している。U-23代表で多くの得点を決めてきた中島は「ケガをしても焦りはありませんでした」と振り返った上で、「復帰して、試合中に(ケガの)ブランクを感じるところもそんなにありませんが、シュートを打つだけでなくチャンスを作ることもやりたいですし、どこのポジションでもしっかりと良いプレイをしたい」と意気込みを語った。JFA(日本サッカー協会)の公式サイトがコメントを伝えている。

これまでの試合では背番号10番を背負っていたが、南アフリカ戦では13番になる。そのことについては「背番号にはこだわりはありません」と語り、「南アフリカ戦は国内での試合で負けられません。みんなに喜んでもらえるような試合にしたい」と国内ラストマッチで最後のアピールに燃えている様子を見せた。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月28日(火)16時1分

theWORLD(ザ・ワールド)