ここから本文です

錦織は初戦でグロスを破るも、ケガの不安を残す [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 6月28日(火)17時0分配信

 イギリス・ロンドンで27日、「ウィンブルドン」が開幕した(6月27日~7月10日)。

【ウィンブルドン_WOWOW動画】錦織圭、1回戦後のコートサイド・インタビュー

 大会初日は男女各2人の日本勢が本戦1回戦に出場し、錦織圭(日清食品)のほか、土居美咲(ミキハウス)、奈良くるみ(安藤証券)も1回戦を突破した。錦織は世界ランキング124位のサム・グロス(オーストラリア)を6-4 6-3 7-5で破り、土居は20歳の新鋭ルイーザ・チリコ(アメリカ)に6-1 6-2で快勝。奈良は58位と格上のマディソン・ブレングル(アメリカ)に6-2 6-7(5) 6-3で競り勝った。しかし、日本勢で唯一予選を突破した西岡良仁(ヨネックス)は芝巧者のセルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)に3-6 4-6 4-6で敗れた。

     ◇   ◇   ◇

 ネットの向こうのグロスは正式記録ではないとはいえ、かつて時速260kmもの高速サービスを計測したことがある28歳だ。芝とビッグサーバー。錦織は苦手とするふたつの敵をストレートセットでやっつけた。一度もタイブレークにもつれなかった試合内容も申し分なかっただろう。

 第1セット第4ゲームで錦織はトリプルブレークポイントを握られたが、これらをしのぐと次のゲームで逆に自身に0-40のビッグチャンス。すべて相手のファーストサービスを返す高反応を見せた。ブレークに成功し、第2セットは最初の2ゲームを互いにブレークしたあと、錦織はさらに2度、第5ゲームと第9ゲームでブレーク。ラリーになれば力の差は歴然だった。第3セットは互いにワンブレークのまま5-5まで競ったが、第12ゲーム、ここをキープすればタイブレークというグロスにほころびが出た。2つのダブルフォールトをもらった錦織はこれを生かした。

 2時間10分のストレート勝利。しかし、手放しで喜んではいられない。
 例えば、この日のグロスの最速サービスは時速229kmにとどまったが、錦織のファーストサービスはグロスのセカンドサービスよりもスピードが落ちた。サービスを相当抑えていたのは脇腹の痛みと不安が原因だ。

「今日はそこまでいいサービスは要らなかったので、あんな感じでいいかなと…」。
 ケガはどの程度回復しているのか、サービスは何割くらい打てているのかといった質問に、錦織の言葉のキレは常にあまりよくなかった。相当悪いのではないかという憶測が深まる。

 2回戦を前に棄権した昨年のようなことはないですよね……。たまらずそう念を押す記者に「約束はできないですけど、ないといいですね」と目を伏せた。

 第2セットが終わったところでは治療も受けていた。
 記者会見を端の席に座って聞いていた恩師ニック・ボロテリー氏は帰り際、日本のメディアに「とにかく明日雨が降ることを祈りましょう。ケイがなるべく長く休めるように」と冗談とも本気ともつかないようなことを言い残して、歩いて行った。

 2回戦の相手はジュリアン・ベネトー(フランス)。2014年には自己最高25位を記録したが、昨年は鼠蹊部の手術をして、春先からシーズンを棒に振り、ランキングは547位まで落としている。今回はプロテクト・ランキングを利用しての本戦出場だが、1回戦で84位のイリヤ・マーチェンコ(ウクライナ)にストレート勝ちしているように、547位は実力を示した数字ではない。しかし、勝負のカギはやはり錦織の体調が握っている。
 
(テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美)

最終更新:6月28日(火)17時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。