ここから本文です

シャラポワが2週間のハーバード・ビジネス・スクールへ [女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6/28(火) 19:00配信

 1月の全豪オープン期間に行われたドーピング検査で陽性反応を示し、活動停止処分中のマリア・シャラポワ(ロシア)が、この夏、2週間のビジネススクール(HARVARD BUSINESS SCHOOL)へ通うことになった。土曜日に自身のFacebookとTwitterに写真とともに記している。

シャラポワが処分軽減を求めてスポーツ仲裁裁判所に上訴

「どうしてこうなったのかわからないけれど、こんにちはハーバード! プログラムが始まるのが待ちきれないわ」とシャラポワ。

 彼女の代理人であるマックス・アイゼンバッド氏によれば、彼女はキャンパスでの2つのクラスを含めたプログラムを受講する予定だとし、それらを学んだあとにどのような認定があるかはわからないとしている。

 ハーバードのスポークスマンは特にコメントを出していない。

 シャラポワは1月の全豪オープン期間中に行われたドーピング検査でメルドニウムの陽性反応が出たあと、ITFから2年間の活動停止処分を言い渡されている。メルドニウムは今年から禁止薬物となっていた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 17: Maria Sharapova of Russia arrives at the 2016 Australian Open party at Crown Entertainment Complex on January 17, 2016 in Melbourne, Australia. (Photo by Graham Denholm/Getty Images)

最終更新:6/28(火) 19:00

THE TENNIS DAILY