ここから本文です

マレー 初戦は地元全英で初の同胞対決<男子テニス>

tennis365.net 6月28日(火)20時24分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会2日目の28日に行われる男子シングルス1回戦で、第2シードのA・マレー(英国)がL・ブロディ(英国)との同胞対決に臨む。

ウィンブルドン対戦表

2度のグランドスラム優勝を飾り、世界ランクも2位へ上り詰め、ロンドン・オリンピックでは金メダルを獲得。デビスカップでは母国イギリスを優勝に導いたマレーだが、ここウィンブルドンで同じイギリス人と対戦するのは初。

マレーは「彼(ブロディ)のことはかなり知っている。今年の初めに一緒に練習もしていた。努力家でもある。対戦を楽しみにしているけど、ちょっと不思議な気分。これまで同じイギリス人と対戦したことがないから」と素直な想いを語った。

2013年に、77年ぶりの地元イギリス人チャンピオンとなったマレーは、この試合がウィンブルドンで56試合目となる。

一方、これがウィンブルドンでの3試合目となる世界ランク235位で22歳のブロディは、実の姉がプロテニス選手のN・ブローディ(英国)。

勝者予想は圧倒的にマレーだろう。マレーはツアーレベルでブロディのランキングの選手に負けたことはない。そしてブロディも、過去に最も高いランキングの選手からの勝利は138位で、それは昨年のウィンブルドンの1回戦でのM・マトセビッチ(オーストラリア)から飾ったものだった。

加えてマレーは、これまでのウィンブルドン1回戦の成績は10勝0敗と1度も負けていない。

ウィンブルドンでのイギリス人対決は2001年以来のことで、グランドスラムでも2006年の全米オープン以来。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月28日(火)20時24分

tennis365.net