ここから本文です

今大会、2度もMOMを受賞していたイニエスタ イタリア戦では輝けず「我々は敗北を受け入れなければいけない」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/28(火) 17:43配信

また強くなって帰ってくる

スペインは現地時間27日、EURO2016のラウンド16でイタリアに0-2で敗れてしまい、EURO3連覇の夢が潰えてしまった。

グループリーグ第1節チェコ戦と第2節トルコ戦での2試合でマン・オブ・ザ・マッチを受賞していたアンドレス・イニエスタは試合を振り返り、「イタリアのどんなプレイをするのかに気をとられてしまった。後半は自分たちのフットボールに戻ったが、前半は余計なことに労力をつぎ込んでいた」と語った。スペイン『Telecinco』が伝えている。

そして「残念なことだが、我々は敗北を受け入れなければいけない。単純に彼らの方が効果的にプレイしていた」と付け加えるも、自身のTwitterでは「みなさんを失望させてしまった。また強くなって帰ってくるよ。ありがとう」と、感謝のコメントとともに再起を誓っている。

スペインはイタリアの術中にはまり、終始リズムを作り出せず。イニエスタは75分に強烈なボレーシュートで会心の一撃を放つも、GKブッフォンに阻まれゴールをこじ開けることができなかった。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/28(火) 17:43

theWORLD(ザ・ワールド)