ここから本文です

日本ハム、今季初の6連勝 代役4番の陽が6試合連続打点で奮起

Full-Count 6/28(火) 20:56配信

3番大谷は3試合連続安打&好走塁、先発吉川は5月11日以来5勝目

 日本ハムは28日の西武戦(札幌ドーム)で3-0で完封勝ちし、今季初の6連勝を飾った。試合のなかった2位ロッテと2.5ゲーム差。首位ソフトバンクと9ゲーム差に縮めた。

 不動の4番中田が腰の張りのためスタメン落ち。“代役4番”に入った陽岱鋼が奮起した。初回2死三塁。初対戦のポーリーノから先制の左前適時打を放った。6試合連続打点で、最近6戦12打点の荒稼ぎだ。

 3回1死一塁では右前安打を放ち、2試合連続マルチ安打。1死一、三塁にチャンスを拡大し、2点目を呼び込んだ。4番の穴を埋めるに十分な活躍だった。

 プロ初の4番を期待された大谷翔平は「3番・指名打者」でスタメン。3回1死で3試合連続安打となる右前安打を放ち、1死一、三塁から田中賢介のバウンドの高い二ゴロの間に2点目のホームへ滑り込む好走塁を見せた。4打数1安打2三振だった。

 投げては先発の吉川光夫が味方の守備にも助けられ、5回0/3で6安打無失点。自身の連敗を4で止め、5月11日のオリックス戦(東京ドーム)以来の5勝目を挙げた。

 29日の西武戦(札幌ドーム)は中継ぎから先発へ再転向した斎藤佑樹投手が、今季初先発する。栗山監督が「球場を支配する力を持っている」と期待する右腕で、さらに連勝を伸ばしたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/28(火) 20:56

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。