ここから本文です

レヴァークーゼン、来季もキャプテンはベンダー 昨季は11試合出場にとどまったが

theWORLD(ザ・ワールド) 6月28日(火)18時30分配信

監督は信頼

レヴァークーゼンのキャプテンは来季もラース・ベンダーでいくようだ。

昨季は怪我もあり、わずか11試合の出場にとどまってしまったベンダー。しかしそれでもレヴァークーゼンのキャプテンマークは来季も怪我がちなベンダーが巻くことが明らかになっている。

チームを率いるロジャー・シュミット監督は独『Bild』で「変える必要はない。ラースがリーダーであり続ける。昨季は怪我もあり、彼にとっては不幸な一年だった。でも彼はまだキャプテンだ」と話し、キャプテンマーク剥奪はないことを明かした。

また、シュミット監督は「ラースは新シーズンに向けて燃えているし、モチベーションが高い」と評価しており、信頼を示している。来季はピッチ上で味方を鼓舞するベンダーが多く見られることを期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月28日(火)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。