ここから本文です

日ハム陽岱鋼、4番起用に「ビックリしました。大谷翔平が4番だと…」

Full-Count 6月28日(火)23時6分配信

欠場・中田からアドバイスで2安打「絶対にインコースを多めに攻めてくる」

 日本ハムの陽岱鋼外野手が28日の西武戦(札幌ドーム)で“代役4番”を全うした。

 中田翔内野手が腰の張りで欠場し、昨年8月30日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来の4番スタメン。初回2死三塁でポーリーノから先制の左前タイムリーを放つと、3回1死一塁では右前打を放って一、三塁にチャンスを拡大。2点目の得点につなげた。「4番に入っても自分のスタイルでやっていければ。いつも通りの自分のスタイルを崩さないように積極的な打撃をしようと思っていた」と振り返ったが、試合前は“動揺”していたという。

 「(4番は)練習が終わってから知りました。ビックリしました。どう見ても、大谷翔平が4番だと思っていたので。すごくビックリしました。おかしくないですか? 彼が4番じゃないと。意味は分かりませんでした(笑)」

 6戦12打点の荒稼ぎ。4番として十分な働きだったが、裏には中田のアドバイスがあったという。

 「試合前に、ちょこっと話しました。4番はどういう配球で来るかと。『外国人投手だから、絶対にインコースを多めに攻めてくる』と。そうでしたね。ホントに(インコースを攻めて)来ますね」

 チームは今季初の6連勝。2位ロッテと2.5ゲーム差に縮めた。中田の試合復帰は不透明な状態が、打線を引っ張る陽岱鋼は心強い存在だ。

 「自分のやることが分かってきた。自分のやるべきことをしっかり出来れば。それだけしか考えてないです」

 29日の先発は今季初先発の斎藤佑樹。4番のプレッシャーを吹き飛ばした陽岱鋼のバットに注目だ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月28日(火)23時6分

Full-Count