ここから本文です

あの日本代表ストライカーがファン・ペルシの後釜に!? フェネルバフチェが200万ユーロで獲得を狙うと現地メディア

theWORLD(ザ・ワールド) 6月28日(火)19時0分配信

オランダ代表の名手の代わり?

絶好調の日本代表ストライカーにトルコの名門が目を付けたようだ。オランダ・エールディビジのデン・ハーグでプレイする長身FWハーフナー・マイクの獲得に、フェネルバフチェが関心を示しているという。

昨季のオランダリーグで31試合に出場し16ゴールを挙げ、大車輪の活躍を披露したハーフナー。同リーグ得点ランキングでは7位に付き、チームの貴重な得点源としての役割を担ったこのサムライゴールスコアラーに対し、フェネルバフチェが触手を伸ばすだろうとトルコ『FANTIK』が報じている。彼らはハーフナーを、チーム随一のタレントであるロビン・ファン・ペルシの後釜に据えようと検討しているという。というのも、現在フェネルバフチェはファイナンシャル・フェアプレイのルールに抵触しており、新規選手の獲得に大金を使うことができない。そのため、ファン・ペルシ売却によって歳入を増やし、新戦力との契約を目指す計らいがあるようだ。なお『FANTIK』はフェネルバフチェがハーフナー獲得に向けて200万ユーロ(約2億2400万円に相当)の移籍金を支払うことになるだろうと伝えている。

194cm、86kgという恵まれた体格を誇るハーフナーは、かつてアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドで異彩を放った技巧派アタッカーの代役を務めることができるだろうか。今後の展開に注目したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月28日(火)19時0分

theWORLD(ザ・ワールド)