ここから本文です

どんどんモウリーニョに 吠えて蹴り飛ばしてのコンテ劇場にチェルシーサポーターからもヤング・モウリーニョの声

theWORLD(ザ・ワールド) 6/28(火) 20:10配信

来季はチェルシーでこのパフォーマンスが見れる

27日に行われたEURO2016決勝トーナメント1回戦イタリア代表対スペイン代表の試合は、選手のパフォーマンス以上にイタリア代表監督アントニオ・コンテの行動に注目が集まった。

主審の判定に異議を唱えて大騒ぎするシーンもあれば、イタリアの選手がミスをした際にはタッチラインに転がってきたボールを激しく蹴り飛ばし、チームが2点目を取った際には喜びを爆発させてベンチの屋根によじ登ろうとするなど、コンテ劇場と呼ぶにふさわしいパフォーマンスだった。

もちろんスペイン代表を2-0で蹴散らした冷静な手腕も 見事で、コンテは戦術性と情熱を兼ね備えた名将と言えるだろう。英『METRO』によると、コンテのパフォーマンスをチェルシーサポーターも喜んでおり、「若き日のモウリーニョだ」といった意見や「チェルシー再興にはあの情熱が必要」とコンテの到着を待ちわびるコメントが相次いでいる。

モウリーニョも若い頃には味方の得点を喜んで走り出すことも珍しくなく、コンテの姿からモウリーニョを思い出すサポーターも多いだろう。EURO終了後からコンテはこの情熱をチェルシーに持ち込むことになるが、果たしてチェルシーではどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/28(火) 20:10

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]