ここから本文です

レヴァンドフスキを恐れるな! ポルトガルDF「プレミアリーグには素晴らしいFWが大勢いる」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/28(火) 22:10配信

決戦への意気込み語る

彼は世界最高峰のストライカーと対峙することを恐れていない。ポルトガル代表の最終ラインを支えるジョゼ・フォンテが、ユーロ2016の準々決勝で相交えることになるポーランドの強力なエースについて言及している。

昨季のブンデスリーガで32試合に出場し30ゴールを記録した化け物FWロベルト・レヴァンドフスキだが、ユーロにおいてはいまだ波に乗ることができていない。ポルトガルはこの長身ストライカーを擁するポーランドと30日に激突することになるが、フォンテは眠れる獅子に過度な恐怖を覚える必要はないと考えている。英『sky SPORTS』が伝えた。

「レヴァンドフスキは最高のクオリティーを持ったとんでもない選手だよ。だけど僕らには優秀なスタッフがいるし、彼らが懸命な努力によって僕ら選手たちにあらゆる情報を提供してくれるんだ。ポルトガルはベストコンディションで臨む必要があるだろうね。僕はプレミアリーグというとても熾烈なリーグでプレイしている。そこには素晴らしいレベルのストライカーが大勢いるよ。レヴァンドフスキは異なるタイプの優秀な点取り屋だね。彼に注意しておかないといけない」

ここまで辛勝を続け、ようやくベスト8まで進出したポルトガル。ベテランのリカルド・カルバーリョに代わってぺぺとコンビを組むフォンテの意気込みは、今後の戦いに向けてチームメイトを鼓舞するものとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/28(火) 22:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]