ここから本文です

スーパーGT鈴鹿公式テストのエントリー追加。DIRECTIONに第3ドライバー

オートスポーツweb 6月28日(火)19時16分配信

 7月8~9日に鈴鹿サーキットで開催されるスーパーGT公式テストについて、GTアソシエイションは改訂版のエントリーリストを6月28日に発表した。スポーツランドSUGOでの公式テストでクラッシュを喫したtriple a ランボルギーニ GT3がエントリーを取り消したほか、LAMBORGHINI Team DIRECTIONに第3ドライバーが追加されている。

【SUGOテストでの108号車DIRECTION 108 HURACAN】

 8月6~7日に開催される第6戦鈴鹿を見据えたテストとなる公式テストには、GT500クラスが15台、GT300クラスが28台エントリーしていたが、28日付けのエントリーではtriple a ランボルギーニ GT3が参加を取消。GT300は27台が参加することになった。

 また、63号車LAMBORGHINI Team DIRECTIONと108号車LAMBORGHINI Team DIRECTION Shiftに新たに第3ドライバーが加えられた。63号車には、開幕2戦で108号車を走らせていたケイ・コッツォリーノが8日、スーパー耐久で豊富な実績があるほか、スーパートロフェオにも参戦、DIRECTION Racingのスタッフとしても活躍する野間一が9日のドライバーとして登録された。

 一方108号車には、かつてスーパー耐久にPETRONAS SYNTIUM TEAMから参戦した経験をもつニュージーランド人ドライバーのジョノ・レスターが8日に、スーパートロフェオやスーパーカーレースへの参戦経験をもつ林学が9日のドライバーに登録されている。

 今回の公式テストにはシンティアム・アップル・ロータスが牧野任祐を、エヴァRT初号機 Rn-s AMG GTが石川京侍とウイリアム・ブラーを、VivaC 86 MCが山下健太を登録するなど、フォーミュラで活躍するドライバーたちの第3ドライバー登録が多く、楽しみなトピックとなりそうだ。

 なお、この公式テストは一般公開され、6月19日(日)に一般販売が始まる鈴鹿1000km前売観戦券があれば、入場無料で観覧可能。詳細情報は鈴鹿サーキットホームページ(http://www.suzukacircuit.jp)まで。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月28日(火)19時17分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]