ここから本文です

F1イギリスGP、22人のタイヤ選択。フォース・インディアが唯一のハード3セット

オートスポーツweb 6月28日(火)20時25分配信

 7月7日~10日に開催されるF1イギリスGP、今回のレースで選ばれたタイヤはオレンジ・ハード、ホワイト・ミディアム、イエロー・ソフトと最も硬いコンパウンドの組み合わせで、ハードはスペインGPに続き2度目の登場となる。

 28日にピレリから発表されたイギリスGPの各ドライバーたちのタイヤ選択は、ほとんどのチームがハード1~2セットを選択。唯一、フォース・インディアのみがハード3を選択している。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンは、ハード1、ミディアム5、ソフト7と同じタイヤを選択。チームメイトでタイヤ配分を変えたのはハースのみとなっている。

 なお、決勝用にキープしておかなければならないタイヤはハード1セットとミディアム1セット。このうち少なくとも1セットは決勝中に使用しなければならない。予選Q3用の1セットはソフトタイヤが選択されている。



[オートスポーツweb ]

最終更新:6月28日(火)20時39分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。