ここから本文です

藤原竜也主演ドラマ『そして、誰もいなくなった』主題歌はクリープハイプ新曲「鬼」

Billboard Japan 6月28日(火)14時0分配信

 先日、約1年9か月ぶりとなるニューアルバムのリリースを発表したクリープハイプが、7月よりスタートする藤原竜也主演の日本テレビ系日曜ドラマ『そして、誰もいなくなった』の主題歌に、新曲「鬼」を提供する。

ドラマ『そして、誰もいなくなった』劇中カット

 同ドラマは完全オリジナル脚本の本格サスペンス作品。藤原竜也が演じるのは、容姿端麗、頭脳明晰、家族や友人、恋人にも恵まれている主人公・藤堂新一。その順風満帆だった人生は、同姓同名の男・藤堂新一の逮捕により一気に狂い始め、不可解な事件の数々が次々と押し寄せる。「全員容疑者」となるそのほかの出演者には、玉山鉄二、二階堂ふみ、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)など、豪華キャストが集結した。

 今までクリープハイプの楽曲は、CM・TVアニメ・映画などに起用されたことはあったが、ドラマ主題歌を担当するのはバンドキャリア史上初となる。また、同曲は8月10日にニューシングルとしてリリースされるほか、ニューアルバムにも収録される。



◎藤原竜也-コメント
格好良さの中にどこか可愛らしさもあり、非常にインパクトのある曲だなと感じました。毎週次々に予想を裏切っていく『そして、誰もいなくなった』の世界観を、疾走感のあるこの主題歌が更に盛り上げてくれると思います。

◎尾崎世界観(クリープハイプ/vo,g)-コメント
ついに決まったドラマ主題歌。今まで散々待ち焦がれて、待ち焦げて、決まった時は嬉しいを通り越して、世の中に復讐するような気持ちで作りました。とにかく脚本が面白くて、それに負けないように、主人公の心情すらも裏切るような曲を作りたいと思いました。裏切られ続ける主人公を守るのではなくて、さらにどん底に突き落とすような曲を作りたいと思う。それ程に振り切った凄い物語だと思いました。こんな作品に関われて本当に嬉しいです。

◎日本テレビ系日曜ドラマ『そして、誰もいなくなった』
2016年7月期 毎週日曜よる10:30~11:25 (日本テレビ系)
※初回 7月17日(日)のみ、よる10:00より30分拡大スペシャル
出演者:藤原竜也、玉山鉄二、二階堂ふみ、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)/ 志尊淳、今野浩喜、遠藤要、おのののか、桜井日奈子 / ミムラ / 小市慢太郎、神保悟志、ヒロミ、鶴見辰吾 / 黒木瞳
脚本:秦 建日子
演出:佐藤東弥、久保田 充、田中峰弥
プロデューサー:鈴木 亜希乃 渡邉浩仁(AXON)、鈴木香織(AXON)、八木欣也(スーパービジョン)
チーフプロデューサー:伊藤 響
制作協力:AXON
製作著作 :日本テレビ

◎ニューシングル『鬼』
2016/08/10 RELEASE
[初回限定盤(CD+DVD)]UMCK-9857
[通常盤(CD)]UMCK-5607

◎ニューアルバム『タイトル未定』
2016/09/07 RELEASE
※品番、価格など、その他収録内容における詳細に関しては、後日解禁予定

最終更新:6月28日(火)14時0分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。