ここから本文です

リアーナ、映画『スター・トレック Beyond』から新エモーショナル・バラード公開

Billboard Japan 6月28日(火)18時40分配信

 リアーナが6月27日、映画『スター・トレック Beyond』のサウンドトラックに提供した新曲「スレッジハンマー(Sledgehammer)」の全貌をSpotifyで明らかにした。実に待ったかいのある仕上がりとなっている。

 前日26日にインスタグラムで公開されたティーザー映像では、エイリアンのようなフェイスペイントを施していたリアーナ。彼女が歌い上げるそのエモーショナルなバラード曲は、おそらく2014年に「you're just another brick and I'm a sledgehammer(あなたはただのレンガで、私はハンマー)」とツイートして以来、取り組んでいたものと思われる。新シリーズ第3弾にあたる映画『スター・トレック Beyond』は、米国では7月22日、日本では10月の公開が予定されている。

 「スレッジハンマー」の熱情的なコーラスは、最初のバースで描かれる悲痛を表し、“壁にぶち当たる”、“涙のプールで溺れる”、“痛みを覚悟する”などといった歌詞が登場する。シーアとの共作による同曲でリアーナは、「私は壁にぶつかり、傷つくと思った/ああ、あなたの言葉が私を意識を失ったままにすると分かってた/そして私は命を失い、冷たくなって床に横たわる/でも私は壁を打つ、打ちまくって、倒れるのを見る」などと歌う。

 同曲は同じく27日に公開された映画『スター・トレック Beyond』の新しいトレーラー映像でもBGMに使用されている。



◎Star Trek Beyond Trailer #3 (2016) - Featuring "Sledgehammer" by Rihanna - Paramount Pictures
https://www.youtube.com/watch?v=3MBXBMkcUNo

最終更新:6月28日(火)18時40分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。