ここから本文です

人気ゲーム『マインクラフト』実写映画化、2019年5月全米公開決定

クランクイン! 6/28(火) 12:02配信

 レゴブロックの世界を描いたヒット映画『LEGO(R)ムービー』のロイ・リー製作、海外ドラマ『フィラデルフィアは今日も晴れ』のロブ・マケルへニーが監督する人気ゲーム『マインクラフト』実写映画版が、2019年5月24日より全米公開されることが決まったという。同ゲームの開発会社Mojangの公式ブログで発表された。

【関連】『ストII』『マリオ』『FF』…人気ゲーム原作の映画<フォト集>


 2014年頃より米ワーナー・ブラザースで企画が進められていた『マインクラフト』実写版。当初、監督に決まっていた映画『ナイト ミュージアム』シリーズのショーン・レヴィが、方向性の違いから監督を降板するなど紆余曲折があったが、昨年7月にマケルへニーの起用が決まった。

 ゲーム『マインクラフト』はMojangのサンドボックス型ゲームで、プレイヤーは草原や砂漠、洞窟などにブロックを好きに配置し、自分だけの世界を創造できる。また、モンスターと戦ったり仲間と共同作業を行ったりして、インタラクションを楽しめる。

 あらすじやキャストなどの詳細は明らかになっていないが、3D&IMAX作品になるそうだ。公開は数年先の話になるが、十分な時間をかけて素晴らしい作品に仕上げたいという。

最終更新:6/28(火) 12:04

クランクイン!