ここから本文です

調理設備、食品を紹介 高岡・フードエキスポ過去最多の155社出展

北日本新聞 6月28日(火)13時36分配信

 最新の調理設備や食品などを紹介する展示会「2016フードエキスポinTOYAMA」が28日、高岡市二塚の高岡テクノドームで始まった。過去最多の155社が出展し、大勢の来場者でにぎわった。29日まで。

 飲食店やホテル、病院など食品を提供する事業者を対象に、飲食店経営サポートとやまの会員らでつくるフードエキスポinTOYAMA協力会(鎌谷隆一会長)が2013年から開催。4回目のことしは、岐阜県飛騨、石川県能登地域からも多くの人に足を運んでもらおうと、会場を富山市から高岡市に移した。

 出展者のうち7割を県外企業が占め、普段はカタログでしか見られない商品がそろった。真空パックした食品を手軽に高温高圧処理する装置や、煙の排出を抑えた調理器などが注目を集め、冷凍食品や調味料などの試食コーナーも充実した。調理や衛生管理をテーマにしたセミナーもあった。

 29日は午前10時~午後4時半。北日本新聞社後援。

北日本新聞社

最終更新:7月13日(水)13時11分

北日本新聞