ここから本文です

セ・リーグで今年も珍現象!2位以下の全チームが「33勝」で並ぶ…

ベースボールキング 6/28(火) 22:00配信

広島が貯金独占!9ゲーム差独走!

 昨年は史上稀に見る大混戦で、全チームが借金という珍現象も起こったセントラル・リーグ。交流戦の苦戦から、これまでになかった“異常”も見受けられるようになったセ・リーグの順位表だが、今年もすごいことになった。

 今年は首位の広島が44勝29敗2分の「貯金15」で独走。28日の試合では実に22年ぶりとなる10連勝を収め、2位との差を「9」まで広げている。

 そんな単騎独走の広島をよそに、史上稀に見る大混戦になったのが2位以下。なんと5チームが「33勝」で並び、2位の巨人から最下位のヤクルトまで3ゲームの中でひしめき合っているのだ。

 試合数が少なく、負け数の少ない巨人が単独の2位につけ、1ゲーム差の3位に中日とDeNAが並ぶ。さらに1試合多い阪神が0.5差で続き、リーグで最も多い76試合を消化したヤクルトが阪神と1.5差の最下位となっている。

 首位の広島を捉えるのは至難の業となりつつあるが、5チームによる叩き合いは必至。毎週、毎日が順位争いのようなもので、少しでも連勝・連敗があろうものなら一気に順位が変わってくる。

 どのチームにとってもチャンスであり、ピンチでもある…。こんな状況を抜け出し、広島を引きずり降ろそうとするチームは現れるか。今後の戦いから目が離せない。

BASEBALL KING

最終更新:6/29(水) 2:48

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]