ここから本文です

ベスト8最後の枠で大波乱…初出場アイスランドがイングランドに逆転勝利の快進撃

SOCCER KING 6月28日(火)5時51分配信

 ユーロ2016決勝トーナメント1回戦が27日に行われ、イングランド代表とアイスランド代表が対戦した。

 予選10戦全勝で前評判が高かったイングランドだが、グループステージは1勝2分に終わり、初出場ウェールズに次ぐ2位で突破した。しかし、2006年ドイツ・ワールドカップを最後に、主要国際大会の決勝トーナメントでは10年間未勝利。不名誉な記録を止めてベスト8進出を狙う。

 一方、初出場のアイスランドは、ポルトガルとハンガリーに引き分けると、最終節でオーストリアから金星を挙げ、グループステージを2位通過。その勢いをそのままに、主要国際大会において初出場となる決勝トーナメントでも快進撃を目指す。

 なお、大会前の両チームの選手市場価値総額は、イングランドが4億7700万ユーロ(約535億3000万円)で、4500万ユーロ(約50億5000万円)のアイスランドに約11倍の差をつけている。

 試合は開始早々の4分に動く。イングランドはペナルティエリア内左に抜け出したラヒーム・スターリングが相手GKハンネス・ハルドルソンに倒されてPKを獲得。キッカーを務めたウェイン・ルーニーが落ち着いてゴール左隅に蹴り込み、先制に成功した。

 しかし、イングランドのリードは長く続かなかった。直後の6分、アイスランドがすぐさま試合を振り出しに戻す。右サイドからのロングスローをエリア内右のカリ・アウルナソンが頭で繋ぐ。ゴール前に走り込んだラグナル・シグルズソンが右足ボレーで合わせてゴールネットを揺らした。

 同点ゴールで勢い付いたアイスランドは18分、エリア手前中央のパス交換から、コルベイン・シグソウルソンがエリア内中央で右足を振り抜く。枠の右隅を捉えたシュートはGKジョー・ハートに反応されたが、そのままゴールに吸い込まれた。

 逆転を許したイングランドは28分、ダニエル・スタリッジが右サイドの深い位置からクロス。ファーサイドでフリーとなったハリー・ケインが右足で強烈なボレーシュートを放つが、相手GKハルドルソンにセーブされた。前半はこのままアイスランドの1点リードで終了した。

 イングランドは後半からエリック・ダイアーを下げて、ジャック・ウィルシャーを投入。主導権を握るイングランドだが、後半最初のチャンスはアイスランド。55分、エリア内の混戦から、中央のR・シグルズソンがオーバーヘッドキックで狙うが、シュートはGKハートのセーブに阻まれた。

 アイスランドの堅守に苦しむイングランドは、ミスや精度を欠くシーンも目立ち、なかなかチャンスを作れない。60分、スターリングに代えてジェイミー・ヴァーディを投入。直後には、右サイドのスタリッジからのクロスを、中央のデレ・アリが右足でダイレクトシュートを打つが、クロスバー上に外れた。78分には、ウィルシャーからの浮き球パスに、エリア内右のケインが頭で合わせるが、シュートに勢いがなくGKハルドルソンにキャッチされた。

 試合を決めたいアイスランドは84分、味方のロングパスに反応したアロン・グンナルソンがエリア内右に進入。マークについたウィルシャーをかわして右足シュートを放つが、GKハートに阻まれた。イングランドは87分、ルーニーを下げて18歳FWマーカス・ラッシュフォードに最後の望みを託す。

 しかし、試合はこのまま終了。初出場のアイスランドが2-1の逆転勝利でイングランドを破る大波乱となった。勝ち抜いたアイスランドは7月3日の準々決勝でフランス代表と対戦する。

【スコア】
イングランド代表 1-2 アイスランド代表

【得点者】
1-0 4分 ウェイン・ルーニー(PK)(イングランド)
1-1 6分 ラグナル・シグルズソン(アイスランド)
1-2 18分 コルベイン・シグソウルソン(アイスランド)

SOCCER KING

最終更新:6月28日(火)7時18分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]