ここから本文です

戻ってきたU-23代表FW中島、背番号10よりも「一番活躍できる選手に」

SOCCER KING 6月28日(火)9時54分配信

 手倉森ジャパンで最多得点数を誇るFW中島翔哉(FC東京)が帰ってきた。4月に右ひざ内側側副じん帯を損傷し、同月の静岡合宿以来となる代表復帰。リオデジャネイロ・オリンピック前の国内ラストマッチで最後のアピールに挑む。

 今回は慣れ親しんだ「10番」ではなく、「13番」を身につけてピッチに立つ。チームを率いる手倉森監督は「いきなり元に戻すわけにはいかない。10番に戻す力を、彼にはこの試合で表現してもらいたい」とその意図を説明。中島の奮起に期待を寄せる。

 本人は背番号に「こだわりはない」と語るが、「自分だけにそういうメッセージをくれたということは、そういうプレーがこのチームには必要で、五輪で勝つためには自分が活躍することが必要だというメッセージだと思う」と指揮官からの檄を胸に刻んだ。

 何番をつけようとも中島のサッカーがぶれることはない。「どんな背番号をつけていても、一番活躍できる選手になりたい。日本が勝てるようにいいプレーをしたい」。

 29日のU-23南アフリカ代表戦に向けては、「五輪で勝つための試合なので、日本では絶対に負けられない。いいプレーをして勝つことが、自分たちにとってはすごく大事」と闘志を燃やす。「(五輪は)すごく大きな舞台なので、絶対に出たいですし、すごく楽しみにしています」。夢の舞台に立つために、自らの力で存在価値を証明する。

SOCCER KING

最終更新:6月28日(火)10時36分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]